スポンサーサイト



琴平周辺で、サンライス瀬戸や四国まんなか千年ものがたり号など

8/6にサンライズで出発した家族旅行ですが、最終日8/11は金比羅山へ参拝するために琴平へ行きました。
まずホテルから現地に着くとちょうどサンライズ瀬戸が琴平に到着する直前だったので善通寺側に近くで撮影しました。
285系(サンライズ)20190811善通寺-琴平3

285系(サンライズ)20190811善通寺-琴平5

参道から785段の階段で本宮まで登り、ヘロヘロになって降りてくると、そのまま琴平駅へ向かい少し撮影しました。
まずやって来たのは2000系の特急「南風」
DSC_9953.jpg

駅構内には121系を更新した7200系が停車しておりました。
DSC_9942.jpg

そしてやって来たのはキハ185系を改造した特急「四国まんなか千年ものがたり」号でした。
DSC_9931.jpg

DSC_9936.jpg

松山で見た伊予灘ものがたり号であったり、今回は見ることができなかったですが、新幹線スタイルのホビートレインなど、四国も増収へ色々工夫がされているのですね。

松山での主役、伊予鉄道

松山駅での撮影を終えた後は駅前にも走る伊予鉄道市内線の撮影。
新旧の路面電車や名物「坊っちゃん列車」も走る姿を見ることができました。
DSC_9683.jpg

DSC_9705.jpg

DSC_1483.jpg

道後温泉駅では坊っちゃん列車の転車シーンを見ましたが、台車はそのままに上半身だけがグルリと回転したのには驚きでした。
DSC_9805.jpg

DSC_9821.jpg

DSC_9843.jpg

大手町駅付近では、市内線と郊外線との名物ダイヤモドンドクロスを見ることができます。
DSC_9730.jpg

DSC_9698.jpg

DSC_9717.jpg

DSC_9773.jpg

DSC_9718.jpg

息子KTは路面電車車内から、元京王5000系を。
DSC_1440.jpg

元井の頭線の京王3000系もやって来ました。
DSC_9739.jpg

懐かしい吊りかけの市電にも乗車できて満喫することができました。

とても新鮮だった、JR四国の車両たち

中四国の家族旅行での撮影した報告の続編です。広島では早朝にセノハチでEF67やEF210-300を撮影し、宮島・平和記念公園などを観光した後、しまなみ海道を通って道後温泉・松山へ向かいました。約35年ぶりの四国上陸。JR四国の車両は当時と全く変わってしまっていますので、観光前の朝方に松山駅へ立ち寄りその様子を見て来ました。
まず入線して来たのが8000系を使用した特急いしずち号。アンパンマンのラッピング車両でした。
DSC_9509.jpg
停車中だったのが2000系の特急宇和海号。こちらもアンパンマンのラッピング車両で、通常車両との並びを撮影。
DSC_9547.jpg
こちらは入換え中のN2000系。
DSC_9561.jpg
すると懐かしい車両が入って来ました。キハ185系が普通列車として入線して来ました。近くに留置されていたEF65-2076との国鉄車両の並びですね。
DSC_9581.jpg
入換えでは2000系と185系の並びも。
DSC_9640.jpg

DSC_9641.jpg
その頃、キロ47系による伊予灘ものがたり号の入換えが始まりました。まずは7000系との並び。
DSC_9556.jpg
キハ185系との並び。
DSC_9590.jpg
続いて出発シーン
DSC_9602.jpg

DSC_9610.jpg
EF65-2076との並びも。
DSC_9625.jpg
1時間程でしたが、とても新鮮なJR四国の車両を楽しむことができました。

EF81-139号機牽引のカシオペア紀行

猛暑だった今日は所用があり都内へ出かけたのですが、15時頃には終わったのでそのまま南浦和-蕨間へ行きカシオペア紀行を撮影して来ました。今日の牽引は双頭連結器のEF81-139号機ということだったので、正面からガツンと撮影してみました。
DSC_0197.jpg

DSC_0210.jpg

現地では20分程でしたが汗だくに。終了後にすぐ撤退しました。

プロフィール

リョウタンPP

Author:リョウタンPP
鉄道や飛行機の撮影・旅行やグルメなどが好きなおじさんです。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR